センターQ&A

千里山竹園児童センターやセンターを運営する管理運営協議会について、Q&A形式でご紹介します。

センターについて

センターについて

ただいま準備中です。

協議会について
 

協議会について

協議会について、Q&Aでわかりやすくご紹介します。
協議会に関する詳細はこちら
会員募集に関する詳細はこちら

千里山竹園児童センターは吹田市が運営しているのですか?

いいえ。当センターは、吹田市から委託を受け管理運営協議会が運営しています。吹田市に11か所ある児童館の中で、唯一地域が運営している児童館です。

協議会はどういう経緯で作られたのですか?

「地域の子どもたちは地域で守り育てていきたい」という思いのもと、当センターを地域で運営するために千二・千三・千里新田地区の有志が集まって協議会を立ちあげました。

協議会はどのように構成されていますか。

会員と会員から選出された役員で構成されています。

役員はどのように決めているのですか?

会員の中から総会で選出します。役員は無報酬でみなさんボランティアです。

協議会の会員について教えてください。

正会員(個人会員)は、千二・千三・千里新田地域に在住、在勤又は在学されている方で、会員になっていただく際に、年会費1200円を納めていただいています。会員による総会では、センターをよくするための議論がなされます。協議会の「地域の子どもたちは地域で守り育てていきたい」という熱い思いに賛同していただけましたら、ぜひ地域の子育ての心強い応援団になってください。

会員の会費はどんなことに使われますか?

センターでは、市から委託を受けた事業以外に、協議会の独自の事業も実施しており、主にその費用に使われます。協議会独自の事業の中には、地域の方々と一緒に楽しむ伝統的な季節行事(クリスマスやお正月あそび、節分など)や災害時の訓練など利用者のみなさんの安全のための大切な事業も含まれています。

センターの先生方もボランティアですか?

先生方は、ボランティアではありません。保育士の資格あるいは教諭免許をお持ちの方々で、協議会が雇用しています。みなさん、子ども達への思いに溢れた、とても熱心な先生方です。 ※センターの管理運営に必要な費用や先生方のお給料は、吹田市からの委託料で賄っています。